So-net無料ブログ作成
腎臓病 ブログトップ

腎臓病とはどういった病気か [腎臓病]

腎臓病の中に慢性腎不全という病気があります。
慢性腎不全の末期になってくると透析という治療をしなくてはならなくなってきます。

透析には血液透析と腹膜透析とあり、血液透析は病院でしか行うことができませんが、腹膜透析は在宅で自己管理で行うことができます。

しかし自分かまたは家族で管理しながらのため、目に見えない菌によって感染をおこすという短所があります。
腎臓病にもいろいろ種類はありますが、慢性腎不全は辛い病気です。
透析という治療そのものが大変患者さんにとって負担となります。
そのほかには腎移植しか道はありません。
透析を拒否するなら、待っているのは命を落とす。ということになってしまいます。

腎臓病にならないためにどのような予防があるのでしょうか。
糖尿病の悪化から腎臓病へとつながっていくこともあります。
毎日の食事というのは本当に大切ですね。
腎臓病になってからでは、たんぱくを控え、塩分を控え、水分まで控えたりと大変です。
普段から気をつけていきたいですね。

タグ:腎臓病

共通テーマ:健康
腎臓病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。