So-net無料ブログ作成
検索選択

月経不順や月経異常の治療中の心構え [月経]

特別な心構えは必要ありません。
ただ、月経不順の背景に日常生活上の問題があれば、改善したいものです。
たとえば、生活が非常に不規則であったり、食事が不規則であったりする場合には、改善の余地があります。
また、最近の若い女性に多い過度なダイエットも、体重減少性無月経という病気を引き起こすので、ハードなダイエットは止めた方がよいでしょう。

その他では、強いストレスにされされないことや、あまりハードにスポーツトレーニングをしないことも大切です。

それから、実際に診察する医師の側からすれば、できるだけ多くの情報を得たいので、そのための基礎体温を継続してつけることが大切です。
これは、治療によってうまく排卵したかどうかなどにも、とても参考になります。
ですから、治療中はできるだけ毎日、基礎体温を測り、グラフに書き込むようにしましょう。
そしてグラフに、出血やおりもの、腹痛などのあった日も書き入れてあれば、とても参考になります。

昔は、生活習慣病にかかってしまうのは大人が多かったです。
子供は、生活習慣病にはかからないものでした。
けれども今では、大人だけではなくて、子供も生活習慣病にかかってしまのです。
だから、あなたのお子様も生活習慣病にかかってしまう危険性もありますから、注意をしたいものです。
中には、小学生の子の生活習慣病もあります。
小学生でも毎日の生活が正しくなかったら、生活習慣病にかかってしまうのです。
いくつでも若くても、毎日の生活習慣には、十二分気を使っていくことが大事です。

特に、子どもだったら、自分では生活習慣病にまでは気がつかないものです。
だから、周りの大人がお子様の分まで、生活習慣に気を使ってあげましょう。
そうしたら、小学生のお子様が生活習慣病にかかってしまうような危険性も少なくしていくことができるのです。



タグ:月経

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。