So-net無料ブログ作成
検索選択
高脂血症 ブログトップ

VOCサプリメントで高脂血症を改善する [高脂血症]

VOCサプリメントと併用して運動療法を行う場合、特別なスポーツではなく、脂肪をエネルギーに変えて消費する活動を目的としましょう。
私たちは生活を営むために様々な行動をし、仕事や家事などでも体を動かして、いわば、いつも運動をしているのです。
ですから、運動量を増やすのに一番簡単なのは、日常生活で意識してマメに体を動かすことです。

たとえば、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用したり、歩いていけるところへはバスやタクシーを使わないようにすればいいのです。

こうした配慮に加えて、自分に合った運動を選んで行うようにすると、よりいっそう効果が上がります。

運動には、大きく分けると、無酸素運動と有酸素運動とがあります。
有酸素運動とは、呼吸によって酸素を取り込みながら時間をかけて少しずつ力を出す運動です。
それに対して無酸素運動とは、息を詰めて一気に最大の力を出す運動です。

VOCサプリメントと併用して高脂血症を改善するためには、基本的には有酸素運動が適しています。
特に大きな筋肉を繰り返し動かす運動、たとえば大腿部を動かす早歩きやジョギング、水泳、自転車こぎなどが有効です。
こうした運動は、血液の流れがよくなると同時に、筋肉のリポタンパクリパーゼを活性化してくれます。

合併症の薬を高脂血症の医師に直接みてもらう [高脂血症]

高脂血症では、そのほかの合併症を持っていて、すでにその合併症の薬を何種類も常用している人がかなりいます。
また、持病などがあり、その治療薬を一度に使うときには注意が必要です。

薬の飲み合わせによっては、薬の効果がなくなったり、薄れたり、効果が強く出過ぎたり、薬どうしの相互作用のせいで思いもよらない副作用があらわれたりすることがあるのです。

何らかの合併症で薬物療法を行っている人、特に高齢者は、その薬を主治医のところに持っていき、直接見てもらいましょう。
医師は場合によっては、高脂血症の薬の選択を変えることがあります。

日常よく起こる頭痛、胃痛、かぜなどのために一時的、集中的に薬が必要になったときも必ず医師に相談しましょう。
特に市販薬を使うときや漢方療法を行うようなときは、一応事前に医師に伝え、指示を仰いだ方が無難です。
タグ:高脂血症
高脂血症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。