So-net無料ブログ作成

いぼ痔の特徴と治療法 [痔]

椅子に座って長時間作業をしていたりすると肛門の部分が欝血(血液が滞ること)してしまい、いぼ状のものが出てきて来ることがあります。

痔には様々な種類があるのですが一番かかりやすいのはやはりいぼ痔でしょう。

いぼ痔の特徴としては柔らかい物が肛門から出てきており、触っても特に痛みがないのが特徴です。
痔の特徴や治療法はこちら→http://hemorrhoidspiles.biz/
このように比較的小さな痔のことを外痔核と言います。

初期の症状では特に痛みなどはなく軟膏を塗っていけばすぐにでも治るのですが、その後の生活でも注意が必要となります。

重症のいぼ痔だと切除していき再発しないようにしていくのですが、痛みが続くことは多いのでなるべくなら重症になる前に病院へ行くのが良いでしょう。

痔にならないためには血行を良くしていき、ストレスを貯めない、長時間座って後には必ずストレッチをしていきといったことをしていくことが大切です。

気を付けていかないと痔というものは再発してしまう物ですから、意識して生活をしていくことにしましょう。

タグ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。