So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経失調症はストレスが原因 [自律神経失調症]

自律神経失調症の原因は何でしょうか?
一言でいえば外部からの刺激によるストレスです。
しかしこれでは漠然としすぎて何に注意すればいいのか分かりませんよね。
そのためもう少し詳しくストレスについて考えたいと思います。

まず生活のリズムが崩れてしまうと身体がストレスを感じて自律神経のバランスは崩れてしまいます。
夜更かしをしたり、夜勤の仕事についていたり、不規則は生活を送っていると要注意です。
また日常生活の中で過度のストレスを感じていませんか?
社会的なストレスから人間関係のストレス、また転勤が進学など大きな環境の変化も感情に馴染むまで大きなストレスになります。
あと身近な人の死も心に大きなストレスを与えるでしょう。

しかし同じようにストレスを受けていても自律神経失調症になる人とならない人がいます。
この違いはストレスに弱い体質とストレスに強い体質があるからです。
ちなみにストレスに弱い体質の人は嘔吐や下痢をしやすい、自家中毒を起しやすい、環境が変わるのが苦手な人です。
ストレスに弱い性格の人は感情のコントロールが出来ない、
人間関係が上手く築けない、傷つきやすいなどです。同じストレスでも受け止め方次第で大きく差がでるというわけです。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。