So-net無料ブログ作成
検索選択

パニック障害は多種多様な症状が現われる [心の病]

パニック障害とは息切れ・動悸・手足の震えといった症状が現れてくることを言い、100人中2~3人が発症してしまっているとされています。

原因としては警報の役割であるノルアドレナリンが誤作動を起こしてしまっているために、症状が現れていくようになってしまっているのではないかとされています。

パニック障害を治療していくのであれば、抗うつ薬を使っていくこととなりますが認知行動療法を行っていき患者の意識を変えていくことも行っていきます。

セロトニン・ミルナシプランといった抗うつ薬を使っていき症状を抑えていくのですが、そのほかにもストレスを解消していき精神的な負担を取っていくことも大切となっていきます。

パニック障害は精神的な問題となっていますから、本格的に治療をしていくのであれば薬を服用していくと同時に精神の問題も解決していかなくてはいけません。
あせらずに認知行動療法も行っていき、パニック障害を克服していきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。