So-net無料ブログ作成

様々なアレルギーがアトピーを発症する [アトピー性皮膚炎]

アトピーの原因はアレルギーです。
アレルギーの対象は埃アレルギー、金属アレルギー、食物アレルギーなど多岐に
渡り、自分がどのアレルギー反応を起してアトピーの症状が出ているかは
血液検査などでアレルギーの検査をしてもらう必要があります。

ただ、アトピーはアレルギー以外でも原因があります。
それは皮膚の免疫機能が低下したために、アトピーの炎症が起きてしまうという事です。
アトピーの患者の皮膚はとても乾燥しています。元々皮膚の表面には角質と呼ばれる膜があり、
その膜のおかげで水分を保つ事が出来、外からの刺激に対しても耐性が出来るのです。

しかしアトピー患者はこの角質で水分を保つ機能が弱く、その結果皮膚が乾燥し、
皮膚の免疫機能が低下し皮膚が弱くなるため外からの刺激(アレルギー)に対して抵抗できないのです。
そのため皮膚が乾燥する季節はアトピーの症状はさらに悪化してしまう傾向があります。
では、何が原因で皮膚が乾燥してしまうのか?
その原因がまだ解明されていないのが現状なのです。

タグ:アトピー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。