So-net無料ブログ作成
検索選択

様々なアレルギーがアトピーを発症する [アトピー性皮膚炎]

アトピーの原因はアレルギーです。
アレルギーの対象は埃アレルギー、金属アレルギー、食物アレルギーなど多岐に
渡り、自分がどのアレルギー反応を起してアトピーの症状が出ているかは
血液検査などでアレルギーの検査をしてもらう必要があります。

ただ、アトピーはアレルギー以外でも原因があります。
それは皮膚の免疫機能が低下したために、アトピーの炎症が起きてしまうという事です。
アトピーの患者の皮膚はとても乾燥しています。元々皮膚の表面には角質と呼ばれる膜があり、
その膜のおかげで水分を保つ事が出来、外からの刺激に対しても耐性が出来るのです。

しかしアトピー患者はこの角質で水分を保つ機能が弱く、その結果皮膚が乾燥し、
皮膚の免疫機能が低下し皮膚が弱くなるため外からの刺激(アレルギー)に対して抵抗できないのです。
そのため皮膚が乾燥する季節はアトピーの症状はさらに悪化してしまう傾向があります。
では、何が原因で皮膚が乾燥してしまうのか?
その原因がまだ解明されていないのが現状なのです。

タグ:アトピー

不整脈は生活習慣病から [生活習慣病]

毎日の食事は非常に重要です。
あなたが食べるものがあなた自身を形成します。

から揚げ、ハンバーガー、焼肉、ステーキなどの脂肪たっぷりの食生活を続けているとあっという間に内臓脂肪が増えていきます。

内臓脂肪を減らしたい方はくれぐれも過食に気をつけましょう。

バランスの良い食事さえすれば、内臓脂肪を減らすことは難しくありませんよ。

緑黄色野菜や大豆、海藻、魚などヘルシーな食品を食べてください。
正直、体に良いものは美味しいです。

フレッシュな緑黄色野菜のサラダを食べましょう。
また緑黄色野菜を焼くと甘みが出るので、とても美味しいですし、食べやすいのでおすすめです。

今夜ベッドで寝る前に1日に摂取したカロリーを計算してみてください。
内臓脂肪が高い人はきっと高カロリーの食事をしているはずですよ。

高カロリーの食事は健康によくありません。
生活習慣病を引き起こし不整脈など心肺の病気の原因となります。
緑黄色野菜や大豆をしっかり噛んでから飲み込んでください。
ガツ食いは禁止してください。

タグ:不整脈

エイズの起源とその症状 [エイズ]

エイズとはHIVと呼ばれており、人体に入ってしまうと免疫力を低下させていく物となっています。

人体には白血球たちが活動しており、それらに指示を出しているCD4陽性細胞という物があります。

エイズウィルスは指示を出しているCD4陽性細胞を破壊していき、増殖を繰り返していきます。

エイズの始まりはチンパンジーから人に感染したことが始まりとされていますが、現段階ではまだ詳しいことはわかっていません。

エイズウィルスは増殖を繰り返していってもいきなり免疫力が0になってしまうということはありません。

最初のうちはインフルエンザのように急な発熱の症状が起きてくるのですが、2週間ほどすれば大体は治ります。

それからもウィルスは増殖を繰り返しているのですが、陽性細胞も作り出されていますから平衡状態となっていますので何の症状も起きません。

この時期のことを無症侯期と言います。

エイズというのは非常に気が付きにくいものとされていますから、もしも急に発熱をしてしまうようであれば絶対に検査を受けましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。