So-net無料ブログ作成
検索選択

生活改善で中性脂肪を減らす [血中脂質]

人間は中性脂肪と戦わなければなりません。

不摂生な生活を続けていると中性脂肪は血液の中でドンドン増えて行きます。
そして生活習慣病になってしまうのです。

そこでホットヨガでダイエットを始めることをおすすめします。

ホットヨガのスタジオで大量の汗をかいて、体をほぐしていきましょう。
最近は女性だけではなく男性もホットヨガに通う方が増えていますよ。

ホットヨガにはデトックス効果もあるから、体の内側からキレイになります。
美肌効果も期待できるというわけです
ダイエットしながらドンドンきれいになっていきますよ。

今大流行のホットヨガで余分な中性脂肪をガンガン減らしていきましょう。

ホットヨガで汗を流すとストレス発散にもなりますよ。
体のこりもほぐれていきます。

メタボな方にとってホットヨガはメリットがたくさんあるのです。
同じホットヨガスタジオに通う方と友達にもなれるのでとても楽しいはずですよ。

春までに中性脂肪を減らして新しい自分に生まれ変わりましょう。

一定の条件を守ればアトピー性皮膚炎は治る [アトピー性皮膚炎]

一時的にアトピーが良くなっても、合成洗剤の使用を続けて、さらにナイロンタオルで体をゴシゴシこすったりし続ければ、再発するのは当然です。
また、慢性的なビタミン不足の状態にして、かつ活性酸素の除去をしなければ、アトピー性皮膚炎の素地ができてくるので、再びアトピーが再発してきます。

そういう意味を込めて「一定の条件を守ればアトピーは治る」と定義できます。

逆に言えば、こうした条件を守らずに無視すれば、アトピーは再発するといってもよいでしょう。
一回治ったからといって、再発しないとは限らないのです。

糖尿病の人がいったん良くなっても、また甘いものをがつがつ食べ続ければ再発するのと同じです。

アトピー性皮膚炎は、ストレスをとれば、改善するといったものではないということです。
アトピー自体がストレスになっていることを忘れてはいけないのです。
抗体であるIgEについてもしかりです。
たしかに後の重症な人ほど、IgEが異常に高い傾向にありますが、あまり気にする必要はありません。

要はバリア機能を改善することに、最大の注意を払えばいいことであって、IgEが高いこと自体を取り上げ、解決しようとしてもムダなのです。

タグ:アトピー

共通テーマ:健康

大腸の働きは食生活に左右される [食生活]

日本人の食生活は昔と大きく変化しました。日本人は和食で植物性食品を中心とした食生活でした。
それが近年欧米化の食生活に変わり、欧米化の動物性食品を中心とした食生活を取り入れるようになったため
日本人の腸に負担がかかっているのではないか?という考えがあります。

さらにそれに便秘が症状に加われば、ただでさえ動物性食品を摂取し負担がかかっている大腸に
さらに不要物が長期間溜まっているのですから、大腸の負担は大きいですよね。
そのため、食生活を日本人の身体に合った和食に戻すのも一つの方法ですが、
これは社会的、文化的、そして私達の嗜好そのものが変化してしまっいるので、今さら食事を全て
和食にするのは難しいでしょう。ですから、便秘の方の負担を減らしましょう。
便秘は食物繊維を多く摂る事と、水分を多く摂る事が効果的です。

そして朝、時間がトイレにゆっくり入る時間がなければ出るものも出ません。
朝少し早めに起きるようにしましょう。便秘薬に頼るという方法もありますが、出来れば自然に排便する方が
身体には優しいはずです。
タグ:大腸

共通テーマ:健康

腎臓病とはどういった病気か [腎臓病]

腎臓病の中に慢性腎不全という病気があります。
慢性腎不全の末期になってくると透析という治療をしなくてはならなくなってきます。

透析には血液透析と腹膜透析とあり、血液透析は病院でしか行うことができませんが、腹膜透析は在宅で自己管理で行うことができます。

しかし自分かまたは家族で管理しながらのため、目に見えない菌によって感染をおこすという短所があります。
腎臓病にもいろいろ種類はありますが、慢性腎不全は辛い病気です。
透析という治療そのものが大変患者さんにとって負担となります。
そのほかには腎移植しか道はありません。
透析を拒否するなら、待っているのは命を落とす。ということになってしまいます。

腎臓病にならないためにどのような予防があるのでしょうか。
糖尿病の悪化から腎臓病へとつながっていくこともあります。
毎日の食事というのは本当に大切ですね。
腎臓病になってからでは、たんぱくを控え、塩分を控え、水分まで控えたりと大変です。
普段から気をつけていきたいですね。

タグ:腎臓病

共通テーマ:健康

月経不順や月経異常の治療中の心構え [月経]

特別な心構えは必要ありません。
ただ、月経不順の背景に日常生活上の問題があれば、改善したいものです。
たとえば、生活が非常に不規則であったり、食事が不規則であったりする場合には、改善の余地があります。
また、最近の若い女性に多い過度なダイエットも、体重減少性無月経という病気を引き起こすので、ハードなダイエットは止めた方がよいでしょう。

その他では、強いストレスにされされないことや、あまりハードにスポーツトレーニングをしないことも大切です。

それから、実際に診察する医師の側からすれば、できるだけ多くの情報を得たいので、そのための基礎体温を継続してつけることが大切です。
これは、治療によってうまく排卵したかどうかなどにも、とても参考になります。
ですから、治療中はできるだけ毎日、基礎体温を測り、グラフに書き込むようにしましょう。
そしてグラフに、出血やおりもの、腹痛などのあった日も書き入れてあれば、とても参考になります。

昔は、生活習慣病にかかってしまうのは大人が多かったです。
子供は、生活習慣病にはかからないものでした。
けれども今では、大人だけではなくて、子供も生活習慣病にかかってしまのです。
だから、あなたのお子様も生活習慣病にかかってしまう危険性もありますから、注意をしたいものです。
中には、小学生の子の生活習慣病もあります。
小学生でも毎日の生活が正しくなかったら、生活習慣病にかかってしまうのです。
いくつでも若くても、毎日の生活習慣には、十二分気を使っていくことが大事です。

特に、子どもだったら、自分では生活習慣病にまでは気がつかないものです。
だから、周りの大人がお子様の分まで、生活習慣に気を使ってあげましょう。
そうしたら、小学生のお子様が生活習慣病にかかってしまうような危険性も少なくしていくことができるのです。



タグ:月経

共通テーマ:健康

子宮筋腫の動脈塞栓術の治療効果 [子宮筋腫]

手術後に吐き気や下腹部痛が生じることがありますが、翌日には歩くことができ、早ければ手術後2~3日で退院が可能です。

動脈塞栓術により栄養のルートを絶たれた子宮筋腫は、栄養不足でひからびたような状態となり、時間とともに縮小していきます。

この手術を受けた80~90%の人に、下腹部痛や過多月経、不正出血など、子宮筋腫による症状の改善が見られます。
また、この方法により一度小さくなった筋腫が再び大きくなることは少なくないといわれています。

動脈塞栓術を行っても筋腫が小さくなるわけではありません。
しかし、筋腫が小さく変性して、体に影響を及ぼさなくなります。
害のないおとなしい筋腫に変えて、筋腫と胸音していこうというのがこの方法の考え方です。

子宮は温存されますが、手術後の妊娠や出産への影響については、まだまだ未知数です。

今のところは、妊娠や出産を希望する人には動脈塞栓術は行われないとされています。

動脈塞栓術は健康保険の適用外となる場合があり、現在は少数の病院でしか行われていません。

しかし、大がかりな手術を必要とせずに筋腫を小さくすることができる画期的な治療法です。

共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。