So-net無料ブログ作成

白内障の治療は比較的簡単 [目に関する病気]

白内障とは人間の眼球内にある水晶体と呼ばれる部分が白く濁ってしまうことによって起きる病気のこととされています。

症状としては霧がかかってしまったように見えてしまうようになり、物をはっきりとみることが出来なくなっていきます。

何故水晶体が白く濁ってしまうのかは現在でも分かっていませんが、ビタミンが不足してしまったせいで水晶体が濁ってしまっているのではないかと考えられています。

白内障を治療していくのであれば角膜を切除していき、濁ってしまった水晶体を取り除かなくてはいけません。

取り除いていくことが出来たら次に人工の水晶体を入れていくこととなります。

すぐにでも終えることが出来る手術となっていますが、術後に何らかの異変が起きてしまう場合がありますから毎日異変がないかどうかを確認していく必要があります。

また角膜を数ミリ切除してしまったことで損傷させてしまうことがあり、角膜を移植しなくてはいけない場合もあります。

白内障http://cataract.sg-p.jp/の治療は簡単なのですがその後の経過を見ていかなくてはいけませんので、しっかりと確認していきましょう。


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。