So-net無料ブログ作成

エイズの起源とその症状 [エイズ]

エイズとはHIVと呼ばれており、人体に入ってしまうと免疫力を低下させていく物となっています。

人体には白血球たちが活動しており、それらに指示を出しているCD4陽性細胞という物があります。

エイズウィルスは指示を出しているCD4陽性細胞を破壊していき、増殖を繰り返していきます。

エイズの始まりはチンパンジーから人に感染したことが始まりとされていますが、現段階ではまだ詳しいことはわかっていません。

エイズウィルスは増殖を繰り返していってもいきなり免疫力が0になってしまうということはありません。

最初のうちはインフルエンザのように急な発熱の症状が起きてくるのですが、2週間ほどすれば大体は治ります。

それからもウィルスは増殖を繰り返しているのですが、陽性細胞も作り出されていますから平衡状態となっていますので何の症状も起きません。

この時期のことを無症侯期と言います。

エイズというのは非常に気が付きにくいものとされていますから、もしも急に発熱をしてしまうようであれば絶対に検査を受けましょう。


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。