So-net無料ブログ作成
検索選択

緑茶には高血圧を改善する効果がある [高血圧]

緑茶は日本人にとって、とても身近な飲み物。
その緑茶には、多くの効能があることがわかっています。

中でも注目したいのが高血圧の予防・改善効果で、有効成分は、緑茶特有の渋味を作り出すカテキンです。
カテキンが体内に入ると、肝臓の脂肪燃焼酵素の遺伝子発減量が40%近く増加、脂質のβ-酸化活性(脂肪酸を分解する能力)が約3倍にふえることが報告されています。
その結果、肝臓での脂質代謝が活発になって脂肪が燃焼され、エネルギーの消費量が増えるため、体脂肪を減らすことができると考えられています。

また、カテキンには、血中の中性脂肪やLDLコレステロールの増加を抑え、血圧の上昇を抑制し血糖値をコントロールする働きもあります。
つまり、メタボリックシンドロームの内臓脂肪以外の危険因子である、高脂血症、高血圧、高血糖の予防・改善にも有効です。

緑茶には、コーヒーほどではありませんが、カフェインも含まれています。
カフェインには、脂肪分解を促進する作用があり、遊離脂肪酸を増やして、エネルギーとして燃えやすくします。
タグ:高血圧

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。