So-net無料ブログ作成

くも膜下出血は予後の長い病気 [くも膜下出血]

くも膜下出血は一刻を争う病気です。
したがって、くも膜下出血の発作を起こしたときは、できるだけ設備の整った病院に運び、適切な処置を受けることが重要といえます。
くも膜下出血の場合、超急性期の治療が病気の予後を大きく左右するからです。

しかし、くも膜下出血という病気は、すべて病院まかせでよくなるものではありません。
残された機能を最大限に回復するためには、患者さん自身の努力も必要ですし、家族の手助けが必要になることもあります。

また、退院後も処方された薬をきちんと服用し、再発の予防につとめなければなりません。
もちろん、禁煙や節酒、食生活の改善や適度な運動など、生活習慣の改善も必要になるでしょう。

くも膜下出血の発作を起こして急に倒れた場合などは、多くは救急専門の病院に運ばれます。
しかし、運ばれた病院には、リハビリの専門家がない場合もあります。
そんなとき、転院するべきかどうかが大きな問題になってくるでしょう。

くも膜下出血の場合、急性期と慢性期では、治療の内容も目的も大きく違ってきます。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。