So-net無料ブログ作成

コレステロール値は魚で下げられる [コレステロール]

魚介類の中でも、特に貝、いか、たこ、えび、かになどには、血中コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす働きや、血圧を正常に保つ働きをするタウリンという成分が豊富に含まれています。

毎日多量に食べ続けたりするのは感心できませんが、必要以上に神経質になることはないでしょう。

不飽和脂肪酸の多い食品の難点は、酸化のスピードが早いということです。
鮮度の低下とともに不飽和脂肪酸はどんどん酸化され、動脈硬化を促進する過酸化脂質に変わってしまうのです。
コレステロールを下げるためには不飽和脂肪酸の多い魚をせっせと食べた結果がこれでは、なんのための努力だかわかりません。
魚は新鮮なものを選び、鮮度のよいうちに調理するよう心がけましょう。

油焼けのひどい干し物、油が回っている干し物なども、食べないほうが無難です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。