So-net無料ブログ作成
検索選択

体内合成の中性脂肪が高いときの運動 [精神分析とは何か]

体内で合成される中性脂肪が原因の場合は、空腹時に運動することが効果的です。

この場合、糖尿病の合併があるかないかをよく注意する必要があります。

糖尿病の場合は、空腹時の運動はしばしば低血糖に陥りやすく危険です。

糖尿病がない場合には、空腹時に運動することで体脂肪が遊離脂肪酸というエネルギーとして燃焼しやすい形に変わって放出されるので、貯蔵されている脂肪が減少することになります。

コレステロール値もともに高いときは長期に根気よく

運動療法でコレステロールを減少させるのは、中性脂肪に比べて、困難です。

ですからこの場合は、まず中性脂肪が低下し、しばらくしてコレステロール値が徐々に下がるというように期間も長くかかります。

コレステロールのみが高い高コレステロール血症の場合は、運動療法に短期に期待することはむずかしく、むしろ薬物療法をとりいれています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。