So-net無料ブログ作成

無意識の心理-深層心理学-深層心理学の方法-了解法(1) [無意識の心理-深層心理学]

性的の習慣が原因でシカメツラが生じたというのは、
実験でたしかめたわけでなく、多くの似た例を集めた結果、
結論を出したものでもない。

自分の気持ちから推察して、原因結果のつながりを
考え出しているのである。

日常、われわれは、あの人が自動車にのりたがらないのは、
ひどい交通事故を経験したためだ、というような判断をする。

他人も自分と同様の考え方、感じ方ををするという
前提にたって判断をする。

むろん、自然科学の場合と同様な仕方で、
この因果関係を決定しようとする人もあるであろう。

自動車事故の経験をした人の例を集める。

そのうちから、自動車にのりたがらぬ人が
何パーセントいるのかを調べる。

全くそんな経験のない人のうちで、自動車にのるのを嫌がる者が、
何パーセントあるのかを調べる。

自動車事故をしたほうが、自動車にのるのを恐れる確立が
多いという結論が出るかもしれない。

われわれの統計のできない、ただ一回の事件について、
主観的に自分をあいての位置において原因を考えるのが、
普通であるが、この共感とか了解ということは、
自然科学では極力排するべきものとされているものがある。

ところが、人間心理を明らかにするためには、むしろ共感とか
了解を積極的に用いるべきだという主張がある。

ディルタイシュプランガーなど<了解心理学派>である。

自然は説明されるが、精神生活は了解されるべきものと
彼らは考えた。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。