So-net無料ブログ作成
検索選択

無意識の心理-深層心理学-心理因果(8) [無意識の心理-深層心理学]

<木の下ではなぜぬれないか>と考える。

これは雨のしずくのおちる方向や速度、
木の葉の位置、自分のいる位置などで説明される。
(この場合は自然科学的因果であって、
時間の座標を逆にすることによって原因=結果を逆にすることができる)

しかし、べつに、<雨にぬれないのは、おじいさんが木を植えたからだ。
この土地はあまり肥えないが、とくべつに注意してこれを植えたので
あって、そのために雨にぬれないのだ>
と説明することもできる。

おじいさんが木を植えたことが原因で、
雨にぬれないことが結果である。
(後者の場合の時間は、一定の<向き>をもっていて、
逆転することはない。)

この二つの説明はレヴィン以前から自然科学的説明
歴史的説明と呼ばれていたものであって、
すべての科学にはこの二種類の因果的説明が
ふくまれている。

自然科学においても数学、物理、化学のような
場合を抜けば、歴史的説明が全くないわけではない。

天文学でも、一つの天体がいつ、どこにあったかと
いうような、法則に還元できない側面があるし、
地質学や生物学のような科学では、
歴史的側面は、さらに重要なものとなる。

法則は存在するがジュラ期はただ一回かぎりだし、
ブロントサウルスは地上にふたたび姿を
現すことはない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。