So-net無料ブログ作成
検索選択

精神分析とは何か-深層心理学(2) [精神分析とは何か]

フロイトはペンネームによって、意識していで行われる行為が
存在することを教えられたが、ブロイエルの観察はさらに
この考えを確かめた。

ヒステリー症状は忘れていた事件で起こされた。

病気の原因となった、いたで(感情的外傷)が

これは催眠法によって再現してくるまで
意識されていなかったものだが

症状をおこす働きをしたものに相違ないと考えられた。

無意識のなかにあって、発散されずにいる感情的緊張が、
あるきっかけがあるときコトバや行為となって発散し、
これで心の中がきれいになる(解除反応によるカタルシス)
という考えなのである。

これらがすべてフロイトの独創ではない。

精神現象が生理的現象なしに、過去の事件で決定される
という考えおよび無意識というものの重要な点はジャネによって
強調されていたことであり、情動が完全に解発されない場合の
あることは、ジャルコーその他の学者の研究から考えられていた。

とくにジャネの研究がフロイトに影響している
ことは確かである。

ジャネはこう書いている。

【1890年代の初め、外国人の医者でフロイトという男が
サルペリエール病院にきて、私の研究に、はなはだ興味を
もっていた。
彼はその事実をみとめて、その線に沿った新観察を
いくらか発表した。
この発表において、彼は何よりもまず、私の用いていた
言葉を変えた。
私が心理分析とよんだものを精神分析と称し、
・・・私が心理的組織とよんだものをコンプレックスといった。
私が意識の狭小化とよんだものは現行現象とされ、
私が心理的分解または精神的燻蒸(消毒)と説いたものを、
かれはカタルシス(浄化)と命名した。
しかしながら、彼は臨床観察と治療を変形して、
汎性哲学(すべてを<性>で解釈する哲学)の体系を
きずき上げてしまった。】


しかし、フロイトはたんにジャネの用語を変える以上の
ことをした、というのがマクデューガルの見解である。

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。