So-net無料ブログ作成
検索選択

精神分析とは何か-深層心理学(1) [精神分析とは何か]

精神分析とは、まず第一に、この深層心理学を意味するのであろう。

それは、一般に知られているようにフロイトの天才に負うている。

彼は若いときにフランスに学び、パリのシャルコーについで
ナンシーのベルネーム、リエボーの研究に接触していた。

シャルコーのところで彼はヒステリー現象とくにヒステリーを
催眠暗示で引き起こすことができることを学び、ナンシーでは
<後催眠現象>を観察した。

後催眠現象は<行為のほんとうの原因は、つねに意識されているとは限らぬ>
という精神分析の根本的な考えをフロイトに与えるのに
重要な役割を演じていた。

これより以前(1880年~1882年)、ウィーンの医者ブロイエルは
若いヒステリーの女性を診察したことがあった。

この患者は夢うつの状態の中でぶつぶつ何か
つぶやいていた。

ブロイエルはこのつぶやきを患者の心に抱いていることと
関係があると考え、この文句を書きとめておいて、患者を
催眠状態に導いてから、これをくりかえして聞かせた。

これによって患者の心の中にあることを誘い出そうと
したのである。

患者が語り出したのは、一人の女の子病気の父の
まくらもとにいる光景だった。

このイメージをのべ立てたあと、あたかも解放されたような
状態となり、一時的ではあったが正常な心理状態に帰った
というのである。

この結果に力を得て、ブロイエルは催眠を用いる
治療法を発展させた。

先の患者には、また、水がどうしても飲めないという
症状があった。

コップに手をやるが、クチビルにこれをもっていくと、
これを斥けないではいられず、果物だけで
のどの渇きをとめていた。

こんな状態が6週間もつづいたあと、催眠術中に、
ある女性についての苦情をのべ、その女の部屋にいる
イヌがコップで水を飲んだことを催眠中に語った。

この話しをし終わると彼女はそれまでこらえていた
怒りを激しくぶちまけた。

それから水を飲みたいといい、水を何杯も飲み
コップをクチビルにあてたまま催眠状態から目覚めた。

水が飲めないという症状は、それから消えてしまったのである。


このブロイエルの観察をもとにして、フロイトはヒステリーについての
研究を発表したが(1893年及び1895年)、この中で、神経症状は
忘れてしまっている過去の事件に関係があること、
これを思い起こさせることによって、これらの症状を
のぞくことができることを主張した。

患者は心にキズをうけていたのだ。

これを再現させれば治る。

ブロイエルがカタルシス(浄化法)と呼んだ方法、
心の中に残っていたシコリを掃除してしまう方法こそ
治療法だ、と彼は信じたのである。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。